アキュラホーム 免震

アキュラホームの免震性は?

アキュラホームをはじめ、他のローコスト系のメーカーを検討しているものの、安かろう、悪かろうなのでは、、、?と不安になってしまう方も少なくないと思います。

 

 

 

東日本大震災以降、地震や台風などの自然災害時にも強い家に改めて注目が高まっているようです。

 

 

 

確かに、価格の安さも重要なポイントだと思いますが、その安さゆえ安全性に欠けてしまう、、、では困ります…。

 

 

 

大手ハウスメーカーでは独自の開発を進め、そのメーカー独自の制振装置や免震装置を開発するなど対策を取られていますが、1000万円台の施工実績が豊富なアキュラホームではどのような対策が取られているのかまとめてみました。

 

 

 

まず、アキュラホームは耐震等級最高ランクといった情報がありますが、“新オプティス”シリーズでは最高等級の等級3を取得することもできるようですね。

 

 

 

ただし、プランなどによっては対応が難しい場合もあるようで、全てが取得可能というわけではないため、事前に担当者への確認が必要ですね。

 

 

 

 

“新オプティス”では「メタルウッド工法」といった工法が取り入れられており、従来のプレカットと比較すると耐震性が高くなっているようです。

 

 

 

そして、大手メーカーでは制振装置や免震装置が開発されていたり、標準で装備されていたりしますが、基本的にローコスト系のメーカーでは標準仕様が最低ランクのものとなっていることが多く、オプション扱いとなっているところもあるようです。

 

 

 

 

アキュラホームについて調べてみたところ、制震や免震構造に関してはこれといった取り組みがなく、そのことを指摘する声もあがっています…。

 

 

 

 

アキュラホームの坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻る