アキュラホーム 価格

アキュラホームの価格帯

アキュラホームはローコストが売りになっているハウスメーカーの一つです。

 

 

 

ローコスト系のハウスメーカーの場合は坪単価が30万円以下で建てられることを大きくアピールされていますが、話を進めていくと坪単価が40万円以上になってしまうという声も非常に多いように感じます。

 

 

 

ローコスト系のハウスメーカーは標準仕様は最低ランクのものを採用している場合が多く、標準からオプションに変更すると高額な費用が発生してしまい、坪単価がどんどん上がっていってしまい最終的には高くなってしまうのです。

 

 

 

アキュラホームも安い坪単価で建てられることを売りにしていますが、最終的な坪単価は40万〜50万円が相場だと言われていますので、これぐらいの坪単価を目安にしておくといいかと思います。

 

 

 

ローコストが売りなはずなのに、それほど安くなかったという不満も非常に多いように感じますが、大手ハウスメーカーと比べるとやはり価格を抑えることができるハウスメーカーです。

 

 

 

ちなみにアキュラホームはタマホームと価格帯が近く、この2社はよく比較されますが、

 

 

 

タマホームよりアキュラホームの方が若干高めの価格設定になっています。

 

 

 

タマホームも坪単価が30万円以下だということをアピールされていますが、残念ながらこの坪単価で建てることはできません^^;

 

 

 

タマホームでも最終的な坪単価は40万円〜になることが多いようです。

 

 

 

価格帯以外でアキュラホームとタマホームを比べると、

 

 

 

アキュラホームは打ち合わせの進行具合に合わせて、設計担当やインテリアコーディネーターが打ち合わせに同席するそうですが、

 

 

 

タマホームは基本的に営業マンとの打ち合わせで契約に至るようです。

 

 

 

ローコストで建てたいけれど、家づくりにおいてとにかくこだわりたいという方はアキュラホームを選ばれると、より理想に近い家をつくれるのではないかと思います^^

 

 

 

アキュラホームの二世帯の価格について

近年、一つ屋根の下、二世帯で暮らす二世帯住宅の人気が高まっているようです。

 

 

 

二世帯での暮らしは、病気や怪我をした時にお互いに助け合える、家事を分担することができる、外出時に留守番をお願いすることができるなどメリットは沢山ありますが、

 

 

 

二世帯住宅の建築が決まると次に問題となってくることは費用に関することではないかと思います。

 

 

 

一口に二世帯住宅といっても二世帯での暮らし方はいくつかあります。

 

 

 

 

寝室以外の空間を両世帯で共有し暮らしていく“完全同居型”もありますし、
玄関、水廻り関係、リビングなどを内部で完全に分離して暮らしていく“完全分離型”もあります。

 

 

 

 

“完全同居型”の場合は、二世帯住宅の中で最も建築費用を抑えることができます。

 

 

 

 

一方、“完全分離型”の場合は、水廻り関係、リビング、玄関に至るまでそれぞれの世帯で完全に分離する必要があるため、当然設備は2ヶ所ずつ必要となりますし、二世帯住宅の中でも最も建築費用が高くなります。

 

 

 

 

予算の関係上なるべく価格を抑えたいという場合は、ローコスト系のメーカーで建てるといった選択もありますが、価格に加え品質も諦めたくないという方にアキュラホームはお勧めです。

 

 

 

 

アキュラホームでは、耐震等級最高ランク、グッドデザイン賞を受賞するほどの実績がありながら、低価格帯での家造りに定評があり、二世帯住宅での建築にも対応されています。

 

 

 

 

アキュラホームの公式サイトには注文住宅の建築実例として、二世帯同居の家が紹介されていますのでそちらも是非参考にされて下さい。

 

 

 

 

最後にアキュラホームで二世帯住宅を建てる場合の価格帯を調べてみると、ある書き込みを見つけましたので紹介しておきます。

 

 

 

 

 

『アキュラホームの二世帯住宅、55坪、本体価格2200万円。』

 

 

 

 

この書き込みによりますと、水廻りに関しては全て2つずつだそうで、おそらく部分共有型の二世帯住宅ではないかと思います。

 

 

 

 

本体価格と書かれてありますので、外構や必要な工事費、諸経費なども含んだ総建築費用も気になるところですが、この坪単価は約40万円と安い印象を受けます。

 

 

下記のサイトは無料で各ハウスメーカーの二世帯住宅の総費用や間取りプランなどがもらえますので、比較するのに最適ですよ(^^)/

 

 

アキュラホームの平屋の価格

今の時代、新築住宅の販売価格は以前に比べ、格段にお安くなり、
更には低金利も追い風となり、若い方でも購入しやすい環境にあります。

 

 

 

新築住宅といえば、2階建てもしくは3階建てをイメージしがちですが、
今、平屋住宅が人気を集めています。

 

 

 

特に子どもが独立して夫婦ふたり暮らしを始めようとする人たちの中で
最も人気急上昇です。

 

 

 

又、シニア世代はもちろんですが、最近では若い世代からの注目も高まっています。

 

 

 

平屋のすまいの特徴は何と言っても生活動線が非常に効率よくできる事です。

 

 

 

同じフロアにリビングや水回り・居室があるため移動距離が少なくて済みます。

 

 

 

更には2階に行く階段部分も必要がありませんので、廊下部分も少なくて良く効率の良い間取りが出来ます。

 

 

 

特に階段を使った上下の動きがないので高齢の方には優しい家になります。

 

 

 

それから平屋住宅では屋根面積が広くとる事が可能です。

 

 

 

これなら今話題の太陽光発電を沢山設置する事ができ毎月のランニングコストを抑える生活が期待できます。

 

 

 

しかし平屋住宅は良く建築費用が割高になると言われています。

 

 

 

実際には平屋は建築費用が高いのではなく坪単価が高くなる傾向にあります。

 

 

 

ちなみに住宅のコストの中で大きな割合を占めるものは「屋根」と「基礎」であり、2階建より平家建の方が、同じ面積であれば広く必要になる為、コストが掛かるのも事実です。

 

 

 

ではどれ位の費用が必要でなるかといいますと、

 

 

 

例えばアキュラホームさんの人気の平屋住宅”オプティス平屋の家”では延床面積 53.93u(16.31坪)の平屋住宅では、本体価格 990万円(税抜) で
販売されています。

 

 

 

このプランでは、高耐震高耐久の長期優良住宅、頑強な基礎構造、耐震等級最高ランク、次世代省エネ基準を満たす省エネ性能と住宅の基本となる性能は、通常のプランと何らひけをとりません。

 

 

 

又、間取りでは快適な家事動線が計算されており、更には必要な収納等平屋のスペースを存分に活かした魅力ある設計になっています。

 

 

 

坪単価で計算すると、確かに割高に感じるかもしれませんが、トータル価格を考慮すれば、大変魅力のある住宅ではないでしょうか。

 

 

アキュラホームの坪単価|相場や値引き情報のTOPページでは

 

 

 

無料でハウスメーカーや工務店の間取りや支払総額が比較できる「タウンライフ家づくり」を紹介しています。