アキュラホーム 断熱性能

アキュラホームの断熱性能について

カンナ社長で有名な、またローコスト住宅の先駆けともいえる、アキュラホームの断熱性能はどのようなものなのか調べてみました。

 

 

 

寒い冬がやってくると、暖房の効いた暖かい部屋から暖房のないトイレやお風呂に行く時は気合を入れないと行けないということは、私だけではないはずです。

 

 

 

 

家中暖かかくて部屋とトイレが同じ温度だったらどんなにいいか、というのが断熱性能によって実現します。

 

 

 

 

断熱とは壁や床、天井に断熱材を使って高い断熱性を実現し、家の内部の隙間をなくして冬の冷気や夏の熱気を家に入れないようにする気密があります。

 

 

 

 

 

この断熱と気密を上げることによって、冬は暖かく夏は涼しい家になり、また冷暖房費を抑えることができますので、省エネルギーになります。

 

 

 

 

アキュラホームもこの省エネ住宅(長期優良住宅)に対応していて、壁や床、天井等の断熱材を厚くし、窓は複層ガラスを採用して断熱効果を上げているようですが、断熱や気密の詳しい数値は公開していません。

 

 

 

 

 

以前は「高断熱の家」という商品を出していましたが、今はそのような商品を扱っていないのかアキュラホームのサイトにはどこにも載っていません。

 

 

 

 

 

高断熱の家はコストがかかるため、客層にマッチせず、またローコストを謳うアキュラホームには合わなかったのでしょうか。

 

 

 

 

 

無理に高断熱の家を注文すればできないことはないのでしょうが、その分コストがかかることを考えると、高性能をウリにしている他社で建てた方が安くできるかもしれません。

 

 

 

 

アキュラホームの坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻る

関連ページ

アキュラホームの全館空調
アキュラホームに全館空調はあるのか?について紹介しています。
アキュラホームのメリット
アキュラホームで家を建てるメリットについて紹介しています。