アキュラホーム タマホーム 比較

アキュラホームとタマホームを比較しました

ローコスト住宅として有名なアキュラホームとタマホームの共通点や違いを比較してみました。

 

 

 

 

アキュラホーム 

 

埼玉県で大工さんだったカンナ社長こと、宮沢社長が創業した会社です。釘1本ネジ1本の適正価格をデータベース化し、建築資材を大量仕入れをすることでローコスト住宅を造ることに成功した、ローコスト住宅の先駆けです。
他社のビルダーや工務店を募ってネットワークを作り、みんなで建築資材を共同購入する「JAHBnet(ジャーブネット)」を作りました。

 

 

 

タマホーム

 

福岡県で玉木社長が建設業を開始したことから始まります。

 

 

 

アキュラホームの「JAHBnet(ジャーブネット)」に加盟していた時期がありました。

 

 

 

 

アキュラホームがローコストだけではなく、クオリティを上げ始めたため、価格も少し上げるようなってしまい、ローコスト路線を維持したいタマホームは反発し退会します。

 

 

 

 

両社ともに資材の大量仕入れやコスト削減等企業努力で、ローコスト住宅を実現しています。

 

 

 

 

個人的な感想ですが、たまたま両社のモデルルームに行って営業マンの対応のを見てきて違いが顕著で印象的でした。

 

 

 

 

タマホームは「990万円の家」を期間限定で販売していて、営業マンはノルマのためかかなり強引に勧めてきました。

 

 

 

 

 

土地も探してきてくれて、総価格が2000万円くらいで価格は魅力的でしたが、いわゆる規格住宅で、いくつかのパターンから自分たちに合ったものを見つけるというものでした。

 

 

 

 

 

一方、アキュラホームの営業マンは落ち着いた感じで、我が家の内情を聞いて理解した上で焦らず対応してくれましたし、資金相談や完成見学会のバスツアーに誘ってくれました。

 

 

 

 

ローコスト住宅という点では似ている両社ですが、営業マンの対応に違いがあり、こういうところに社風の違いがあるのかな、と思いました。

 

 

 

アキュラホームの坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻る

関連ページ

アキュラホームと工務店を比較
アキュラホームと工務店を比較してみました。