アキュラホーム 工務店 比較

アキュラホームと工務店を比較してみました!

家を建てるときにハウスメーカーと工務店、どちらにするかで迷うことと思います。

 

 

 

 

今回はハウスメーカーの中でも、低価格で有名なアキュラホームと工務店を比較します。

 

 

 

 

「アキュラホーム」 

 

カンナ社長でお馴染みのアキュラホーム代表の宮沢社長は中学卒業後、工務店に弟子入りしましたが、数年後工務店が倒産してしまったため独立しました。

 

 

 

ですので、カンナ社長も元々は工務店出身です。現場の大工だったからこそわかるノウハウで建築業界に旋風をもたらしました。

 

 

 

それが建築資材を大量仕入れすることで低価格の住宅を建てることです。

 

 

このシステムを「アキュラシステム」と名付け、アキュラホームだけではなく、工務店やビルダーにも共有され、資材の共同購入をすることができるようになりました。
最近は品質にもこだわり、低価格路線を脱却しつつあるようです。

 

 

 

 

「工務店」

 

工務店とは建築を請け負う業者や会社のことです。複数の専門工事業者をマネジメントしたり、工事全体の進捗管理もします。

 

 

 

現在では工務店と言ってもいろいろな形があり、棟梁が設計から工事を行うタイプの工務店から、デベロッパー型の自社で土地を購入し、建売住宅を販売するタイプまであります。
アキュラホームのような特徴をメインに商品化して販売する、ハウスメーカータイプも工務店という分類に入ります。

 

 

 

アキュラホームは大体的に広告宣伝をして、住宅展示場にも出店していますので、その分のコストと会社利益が価格に反映されています。

 

 

 

 

工務店は地域密着型であまり派手な広告はしませんが、利益分のみを価格に上乗せしますので、価格だけで比較すると工務店の方がいいのかと思います。
しかし工務店は工務店毎に特徴が全然違いますので、気になった工務店に直接説明を受ける方がいいと思います。

 

 

 

 

アキュラホームの坪単価|相場や値引き情報のTOPへ戻る

関連ページ

アキュラホームとタマホームを比較
アキュラホームとタマホームを比較しています。