住宅ローン 頭金

住宅ローンを組む上での頭金

多くの人にとって人生最大の買い物になるのが、住宅です。

 

 

住宅は数千万円もする金額であり、一括で支払えるという人は多くありません。

 

 

その為住宅を購入する場合には、住宅ローンを組んで、住みながら返済をしていくという選択をする人が大半です。

 

 

住宅ローンを組む上で気になるのが、頭金です。

 

 

頭金をどれだけ入れるかによって、返済金額が大きく異なります。

 

 

住宅ローンは借金と同じで、利息もかかりますし、借りた金額よりも多くの額を返済していくことになります。

 

 

 

それを抑えるためには、なるべく多くの頭金を入れて、返済する金額を減らすことが望ましいのです。しかし頭金を貯めている間に購入する機会を逃すということもあり、計画的に進めることが大事です。

 

 

例えば高い賃貸料金を支払いながら頭金を貯めるために過ごしていると、その賃料の方がもったいないということにもなりかねません。

 

 

またローンを組む年齢が遅くなり、リタイア後も長い間返さなくてはいけなくなったり、期間を短くするために高額な返済になることがあります。

 

 

 

頭金の目安ですが物件価格の2割程度用意する人が多いと言われています。

 

 

 

2012年に住宅を購入した人の頭金の全国平均は350万円〜400万円の間とのデーターがあります。

 

 

 

しかし全く頭金を入れずに購入できるという広告が出ていたりすることもあり、頭金なしでローンを組むという人もいます。

 

 

 

頭金なしでローンを組んでしまうと、返済額が家計を圧迫する可能性が高くなります。頭金が貯められない生活をしていた状況で、更に住宅ローンを抱え込んでし

 

 

 

まい、最悪の場合には破たんしてしまい、家を売却ということにもなりかねません。

 

 

 

住宅を購入する為には、諸経費も必要になり、それもあらかじめ準備しておかなくてはなりません。

 

 

 

諸経費込みで500万円ぐらいは住宅に使う金額を貯めてから購入に移すのが、理想だなと感じます。

 

 

 

頭金を物件価格に対して多めに入れると、金利が優遇されて返済額を減らすことができるなどお得なこともあります。

 

 

 

 

しっかりと色々考えた上で、住宅ローンを組みたいものです。

 

 

 

アキュラホームの坪単価|相場や値引き情報のTOPページへ戻る