アキュラホーム 坪単価

無料!アキュラホームや各ハウスメーカーの間取りプランや支払総額表がもらえます

 

アキュラホームの坪単価の相場は?

アキュラホームの坪単価は、

 

 

 

45〜60万円 / 坪当たり

 

 

 

程度が目安と言われています。

 

 

 

ちなみに、アキュラホームで建てられた方の平均的な坪単価は、

 

 

 

55万円 / 坪あたり

 

 

 

となっていると言われています。

 

 

 

 

全国的ハウスメーカーの平均的な家の大きさは43.3坪と言われていますので、アキュラホームで平均的なサイズの家を建てようとすると、

 

 

 

 

約2400万円との計算になります。

 

 

 

但し、この金額は建物の本体のみですので、これ以外にかかる、ローンや登記などにかかる諸経費、外構・塀・車庫や照明、カーテン、空調機器などは含まれておりません。

 

 

 

これらの設備にも、400万円以上は必要になるかと思います。(安い物を買えばもう少し安く抑えられます。)

 

 

 

 

ですので、約2800万円ぐらいの予算がないと、アキュラホームの平均的な家が建たないということにもなります。

アキュラホームの大収納のある家の坪単価は?!

ローコストで建てられることが売りになっているアキュラホームでは、

 

 

 

生活スタイルや家族構成などの目的に応じて様々なラインナップが用意されています。

 

 

 

「木の家」「オール電化の家」「空間上手の家」「三階のある家」「太陽光発電の家」など豊富なラインナップですが、

 

 

 

1階と2階の間にある収納空間をいかした「大収納のある家」は、大きな収納空間を設けることで、家中がスッキリすると非常に評判がある商品です。

 

 

 

アキュラホームの大収納のある家の坪単価はどれぐらいが目安になっているのでしょうか?

 

 

 

ローコストが売りになっているアキュラホームですが、アキュラホームの標準仕様では最低ラインのものを採用していることが多く、こだわるならオプションを選ぶ必要があり、

 

 

 

色々とオプションを付けていたら坪単価が高くなってしまったという不満も多く見受けられます^^;

 

 

 

アキュラホームに限らずにローコスト系のハウスメーカーは標準仕様では最低ラインのものを採用しており、オプション部分が多いので、最初に確認しておくといいですよ。

 

 

 

また展示場などではオプション仕様に変更している場合も多いので、展示場と同じ仕様にしようと思ってもオプションで結構高くなってしまう、、、ということも充分にあり得ることですから、『この展示場の坪単価はいくらですか?』と聞いておくと参考になりますよ^^

 

 

 

アキュラホームで建てる場合の坪単価は40万〜50万円が相場になっているようです。

 

 

 

同じくローコストが売りのタマホームも最終的な坪単価は40万〜50万円が目安だと言われています。

 

 

 

両方で見積もりを出してもらい比較してみて下さい(* ̄ー ̄)

 

 

 

ちなみにタマホームは打ち合わせの回数も少ないようですが、アキュラホームでは打ち合わせに合わせ、設計担当やインテリアコーディネーターなども同席し話を進めていくようです。

 

 

 

ローコスト住宅なのにそれほど安くないという声もありますが、それでも大手のハウスメーカーと比べると価格は安いかと思います。

 

 

 

 

比較するには、下記の「タウンライフ家づくりハウスメーカー特集」が便利です。無料でアキュラホームやその他ハウスメーカーの費用総額や間取りプランも

 

 

 

各社ごとにもらえます♪比較するには最適の資料ですよ^^

 

 

アキュラホームのオプティスの坪単価は?

アキュラホームにはSI技術を導入し200年住宅を目指した「OPTISシリーズ」があり、様々なラインナップがあります。

 

 

 

ライフスタイルや目的に応じて、「木の家」「大収納のある家」「オール電化の家」「空間上手の家」「三階のある家」「太陽光発電の家」などの豊富なラインナップが用意されており、非常に商品のコンセプトも分かりやすくなっています。

 

 

 

アキュラホームはローコストを売りにしているハウスメーカーですが、坪単価はどれぐらいが目安なのでしょうか?

 

 

 

アキュラホームの坪単価は30万円以内〜とされていますが、最終的には坪単価が50万円近くなってしまい、ローコスト住宅なのにそれほど安くないという不満を持ってしまう方も多いようですね。

 

 

 

アキュラホームの標準仕様のものではイマイチで、標準からオプションに変更すると当然坪単価は上がってしまいます^^;

 

 

 

ローコスト住宅では標準仕様でフル装備ということはまずないですし、必要に応じてオプションを沢山付けていくと最終的には高くなってしまうということです^^;

 

 

 

しかし2009年〜企画型住宅の「新すまい55」という商品が追加され、税込価格550万円〜710万円とコストパフォーマンスを最大限に活かした住宅を販売され注目を集めています。

 

 

非常に魅力的な価格設定ですが、品質が悪いわけではなく、外観や間取りは限定されるものの、ネット販売を実施することでコストを抑えることが可能となっているようです。

 

 

 

家の購入にあたり坪単価がいくらで建てられるのか?ということを調べる方が非常に多いですが、建物本体価格以外に必要な費用もあります。

 

 

 

屋外給排水工事、ガス工事、設計費、外構工事、地盤調査、地盤改良工事費、登記関係などの諸費用が必要になります。

 

 

 

またカーテンや照明、空調設備なども必要になってきます。

 

 

 

これらの費用は決して安いものではなく、400万〜500万円以上の費用が発生することもあります。

 

 

 

事前に総額でいくら必要なのかということをしっかりと確認し把握しておいて下さい。

アキュラホームの3階建ての坪単価

アキュラホームでは3階建て住宅にも対応しており、“OPTIS(オプティス)長期優良エコ住宅 三階のある家”という商品があります。

 

 

 

アキュラホームで3階建て住宅を建てる場合の価格や坪単価はどれぐらいが目安になっているのでしょうか?

 

 

 

限られた土地に建てる場合などは3階建てを建てるという選択肢になると思いますが、基本的に2階建て住宅と比べると3階建て住宅は割高です。

 

 

 

大手ハウスメーカーで2階建て住宅を建てる場合の坪単価は70万円〜が相場だと言われていますが、大手で3階建て住宅を建てる場合は坪単価は90万円〜になってしまうことも多いようですね。

 

 

 

少しでも価格を抑えて3階建て住宅を建てる場合は、ローコストを売りにしているハウスメーカーを選ぶという選択肢もありますよ。

 

 

 

アキュラホームで2階建て住宅を建てる場合の坪単価は40万〜50万円が目安になっており、3階建て住宅を建てる場合はこの坪単価よりは確実に高くなると思いますが、大手ハウスメーカーよりは価格は抑えることができると思います。

 

 

 

もちろん工務店でも価格を抑えることはできますが、3階建て住宅に対応していないという工務店も結構あるようですから事前に調べておく必要があります^^;

 

 

 

坪単価以外に必要な費用も沢山ありますから、アキュラホームで3階建てを建てる場合に総額でいくら必要なのか?ということもしっかりと把握しておく必要があります。

 

 

 

実際にアキュラホームで3階建てを建てられた方の口コミ情報を集めてみました^^

 

 

 

・狭い土地に3階建てでオ−ル電化と太陽光パネルを含めて、最終的には坪単価が80万円近い見積もりだったそうです。ちなみにこの方はアキュラホーム以外に大手ハウスメーカーでも3階建ての見積もりを出してもらったそうですが、あるハウスメーカーでは坪単価120万円〜との見積もりが出たという情報もあります。

 

 

 

・他のハウスメーカーではこの土地に3階建ては無理と対応してもらえなかったけれど、アキュラホームで対応してもらい希望通りの3階建てを建てることができた。
担当者次第なところもあるけれど、親身になって対応してもらえたので満足のいく3階建て住宅を建てることができたという情報もあります。

アキュラホームの平屋の坪単価

アキュラホームでは目的に応じて様々なラインナップが用意されています。

 

 

 

「木の家」「オール電化の家」「空間上手の家」「三階のある家」「太陽光発電の家」などラインナップも様々ですが、「OPTIS 平屋の家」という商品も用意されています。

 

 

 

平屋住宅は地震や風に対しては非常に強く、そして階段がないので一生快適に過ごすことができ、便利で安心ですが価格はどうしても高くなってしまいます。

 

 

 

単純に基礎と屋根面積が大きくなることを考えても2階建て住宅よりは割高になってしまいます。

 

 

 

そして住まいづくりの基本が2階建て住宅になっていることも少なからず影響しているようですね^^;

 

 

 

アキュラホームで平屋住宅を建てる場合の坪単価はどれぐらいが目安になっているのでしょうか?

 

 

 

アキュラホームのHPで平屋の家の価格をチェックしてみますと、“平屋の家 本体価格970万円〜”と記載されています。

 

 

 

ちなみに平屋は延床面積は約16坪とされており、この価格と延床面積の坪単価は約59万円です。

 

 

 

しかしこの価格に付帯工事費用や諸費用などが上乗せされますので、トータルするともう少し価格は高くなります。

 

 

 

アキュラホームはローコストで建てられることを売りにしているハウスメーカーですが、実際に話を進めていくと安くなかったという不満も多くありますが、それでも大手ハウスメーカーと比較すると非常に安い価格設定になっていると思います。

 

 

 

最後にアキュラホームでは基本的に値引きに応じてくれないようですね^^;

 

 

 

アキュラホームの見積もりは初めから既に値引いた状態の価格を提示しているので、それ以上値引きはできないようです。

 

 

 

またTVやCMなどで過度な宣伝をしない代わりに価格に反映されているようです^^

アキュラホームの太陽光発電の家の坪単価について

アキュラホームといえば、耐震等級最高ランク、グッドデザイン賞を受賞するなどの実績があるハウスメーカーですが、1000万円台での家造りを行っているハウスメーカーでもあります。

 

 

 

アキュラホームには“オール電化の家”“大収納のある家”などの商品が用意されていますが、“太陽光発電の家”といった商品も用意されています。

 

 

 

新築にあたり、多くの方が太陽光発電システムを導入されており、今や珍しいものではありません。

 

 

 

アキュラホームの“太陽光発電の家”では、太陽光発電システムの導入はもちろん、オール電化にすることでCO2の削減に繋がり、家計にも環境にも優しい家造りを実現されています。

 

 

 

太陽光発電システムはCO2を排出しないため、地球環境温暖化の進行を防ぐことができるというメリットがありますが、太陽光発電システムは初期の導入費用が高いことがデメリットとしてあげられます。

 

 

 

 

そして、お金をかけて太陽光発電を設置したものの、10年近く経つとパネルの発電効率が落ちてしまうということもあるようで、導入にあたりどれぐらいの収入を見込めるのか?などのシミュレーションをされたうえで検討されて下さい。

 

 

 

 

最後にアキュラホームの“太陽光発電の家”で建てる場合の坪単価を調べてみました。

 

 

 

 

実際に“太陽光発電の家”で建築された方の書き込みを見つけました。

 

 

 

 

 

『二階建て住宅、32坪、本体価格が1730万円』

 

 

 

 

 

ちなみにこの“太陽光発電の家”の坪単価は約54万円という計算になりますが、必要な工事などの費用や外構、諸経費などを含めた坪単価は60万円前後といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

アキュラホームにしては少し高いといった印象を受けます…。

アキュラホームの値引きは可能なのか?

アキュラホームの値引き事情はどうなんでしょうか(* ̄ー ̄)

 

 

 

ハウスメーカーの中では大幅な値引きを行うハウスメーカーもあれば、値引き交渉を行っても1円の値引きにも応じないハウスメーカーもあり、値引きの対応には非常にバラつきがあるようです。

 

 

 

一般的にハウスメーカーでは標準利益率が決まっており、値引きできる範囲はこれで決まってきます。

 

 

 

ハウスメーカーでは5%前後の値引きが目安になっているようですが、

 

 

 

中には最初の見積りの額をわざと高くしておいて、いかにも多く値引きを行ったかのように見せかける手法を使ってくる営業マンもいます。

 

 

 

契約当初から値引きやサービスなどを約束している場合は大抵このテクニックを使って大きな値引きを行ったかのようにみせかけ、お得感を出しています^^;

 

 

 

アキュラホームの値引きに関しての口コミをチェックしましたが、全く値引きがなかったという口コミが非常に多いです。

 

 

 

アキュラホームで高額な値引き額を引き出せたという情報もないですし、

 

 

 

他社と競合させて値引き交渉を行っても、値引いてもらえなかったという口コミもあります。

 

 

 

アキュラホームではTVやCMで過度に宣伝をしないことで無駄な費用をカットしており、

 

 

 

また最初に提示される見積もりは出来る限りの価格を提示しているようで、それ以上の値引きはできないという事です。

 

 

 

アキュラホームに限らずにローコスト系のハウスメーカーでは基本的に値引きはないと考えておいた方がいいかと思います。

 

 

 

アキュラホームでは基本的に値引きはないので、しつこい値引き交渉はしない方が無難ですね^^;

 

 

 

値引きには応じてくれたけれど、その分仕様を落として調整されたら意味ないですからね^^;

 

 

 

値引きのポイントは、複数のハウスメーカーや工務店の値段を知っておく事です。

 

 

 

他のハウスメーカーの金額を知らないまま、1社に絞ると値引き交渉が進めにくくなりますからね。

 

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」では、一度の入力でお住まいの地域の各ハウスメーカーの間取りプランや支払総額が比較が

 

 

 

無料で可能となっていますので、値引き交渉や他のハウスメーカーなどの間取りなども参考にしてくださいね。